メニュー

技術ブログ

Denso IT Lab.社員による技術情報の紹介

Denso IT Laboratory researcher's blog sites

数式

RSS

ページトップへ

Windows 8アプリをuniversalにして投稿する

 

Microsoftが全世界で開催している、//publish/というアプリコンテストに、最近公開したWindows 8.1用アプリ、Metro Traffic Simulatorをダメ元で応募してみました。アプリケーションは使われて初めて意味が出てくるわけで、少なくとも多少のアピールにはなろう、というのが狙いです。(ちょうど良いタイミングだったのですが、投稿済みのアプリを申請したので、そもそもレギュレーションに合致しないかもしれません。)

そのコンテストの締切に先駆けて、ハッカソンイベントが行われていたので、出向いてきました。アプリは投稿済みですので、publishしようがないため、このアプリをuniversal Windows Appsにして、Windows Phoneアプリを追加で投稿することにしました。これも、すでにほぼ開発済みでしたので、会場ではpublishすることに専念しました。(ずるいことをしています。。。)

このpublishなのですが、Windows Storeアプリをuniversalにするっていうのは、Visual Studio上での開発については、MSDNなどの文書やblogなどですでに解説記事も多く出ているものの、最後に投稿をする手順というのはあまり語られていないように思いました。実際に探してみたものの、すぐには見つかりませんでしたので、えいや、とやってみました。


今後Windows StoreアプリがWindows Phoneアプリに、Windows PhoneアプリがWindows Storeアプリにやってくる場面が多くなると思われます。


このエントリーをはてなブックマークに追加