メニュー

技術ブログ

Denso IT Lab.社員による技術情報の紹介

Denso IT Laboratory researcher's blog sites

数式

RSS

ページトップへ

MSC2015(CCA2015)での発表

The 2015 IEEE Multi-Conference on Systems and Control (MSC) にて発表しました(2015/9/23).

Takano, G.; Obayashi, M.; Uto, K., “Path planning for autonomous car to avoid moving obstacles by steering using tangent-arc-tangent-arc-tangent model,” in Control Applications (CCA), 2015 IEEE Conference on , vol., no., pp.1702-1709, 21-23 Sept. 2015

この学会は制御工学の応用をテーマにした学会で,前身のCCA から数えると開催は16回目になります.採択率は 76% (投稿数 420件,採択数320件)でした.日本からも大学を中心に多くの発表がありました.開催地はManly, New South Wales, Australiaで日本からの時差はわずか2時間なため,時差ボケに悩まされずに済みました.

私の発表内容は自動運転車両の走行時に必要とされる参照経路の計画に関するもので,移動障害物の回避を目的としています.形と大きさを持つ車両剛体として無衝突を保証することと,車両運動特性との整合を目指しました.デモでは,自車が時速100kmhで高速道路走行中に先行車が急減速し,これを障害物として回避する様子を車両挙動シミュレーションにてご覧いただきました.

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディープラーニングの車載応用に向けて

デンソーアイティーラボラトリの佐藤です。

先日、STARC様主催のセミナーにて、『ディープラーニングの車載応用に向けて』というタイトルで講演をさせていただきました。講演で使用したスライドを公開します。畳み込みネットワークの基礎、車載器への応用、学習時の演算量に関する課題にフォーカスを当てました。この分野の面白みが少しでも伝われば幸いです。


なお、ムービはこちらから見れます:

このエントリーをはてなブックマークに追加