メニュー

技術ブログ

Denso IT Lab.社員による技術情報の紹介

Denso IT Laboratory researcher's blog sites

数式

RSS

ページトップへ

CollabTech Seminar in MIRU2019

来たる7月,デンソーアイティーラボラトリは,MIRU2019において企業企画イベントCollabTech Seminarを行います.

講師として,広島市立大学 日浦教授,中部大学 藤吉教授をお招きし,弊社社員とデンソー社員を交え,3次元計測技術や深層学習などのコンピュータビジョンの最先端と,それらの応用事例を中心に,たっぷりと議論しようというイベントです.
講演のあとは,おいしいものを食べながら,登壇者と参加者がディスカッションし,交流する時間を作る予定です.

詳しい情報は,CollabTech Seminar in MIRU2019の特別サイトで順次公開していきます.

私も,最近の仕事での取り組みについてこのセミナーで発表したいと考えています.
みなさん,大阪でお会いしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

開発ー強化ー合宿

どうも,吉田悠一です.
デンソーの研修施設,AQUAWINGSを利用し,開発合宿に行ってきました.

場所

場所は,浜名湖の湖畔で,絶景の場所にあります.
ファシリテーションは最高で,非常に広いスペースでガラス張りで気持ちいい空間でコードを書くことができました.
ただし,日中は,浜名湖の反射でまぶしすぎて何もできないのでブラインドを下げることになってしまいます・・・・.

開発合宿のお題は,強化学習にしました.
恥ずかしながら,弊社で強化学習を実際に実装して,トライした人間がいなかったので,この際,合宿でOpenAI gymのチュートリアルであるspinning upを一から読んで,サンプルコードをPyTorchで実装するというのがお題になりました.

Spinning up

Spinning upは,Open AI gymが公開している,強化学習をディープラーニングで解くということを主眼に強化学習の基礎から実装までを解説しているコンテンツです.
Spinning upの中身は非常に読みやすく,実際に実装したコードまで公開しており,非常に勉強になる内容となっています.
私は強化学習を一通り,本と紙で学んだのですが・・・・実際に実装したことはありませんでした.
弊社のメンバーも実際に実装したメンバーがいなかったので,やってみようということで,お題が決まったのでした.
実際の成果物は,github.comに公開しています.

1日半黙々とドキュメントと論文とTensorFlowのコードを読んだので・・・・大変疲れましたが,みっちり強化学習を勉強するよい時間にすることができました.

ご飯

合宿といえば,ご飯です.AQUAWINGSのご飯,よいです.

晩御飯の前菜.
晩御飯

朝ごはん.
朝ごはん

おいしかった・・・・.
人間,いい場所でいいご飯があれば,パフォーマンス発揮できるものですね.

最後に

日は落ちて・・・合宿は終了しました.

bellman

これがベルマンキオスクに見えるようになったので,合宿の価値があったということでした.チャンチャン.

このエントリーをはてなブックマークに追加

iOSDC2018で発表してきました

どうもsonsonこと,吉田悠一です.

今回は,以前からちょこちょこ作っていたSwift playground bookについて発表しました.
画像を扱うエンジニアはカメラのリアルタイム画像を処理するのが大好きです(多分).

カメラを使うコードをiPadのSwift Playgroundsから書けたら楽しいなぁと思い,コツコツ作ってきたノウハウ等を発表しました.
発表を聞き,サンプルコードを使うと,下のような画像処理をiPad上で簡単に書くことができます.

iOSDCは例年通りの盛り上がりを見せており,登録者数900名弱と,その辺の学会のシンポジウム顔負けの規模になってきています.
それだけに運営陣には頭が下がると同時に,iOS界隈のコミュニティは,健全に活発化しているなと感じます.

私は,発表の内容を,UIや何かを作る方法,開発手法,Swiftの中身,もっとコアな話の4つに分類できると思いました.
最近,私は,UIやアプリ開発自体に興味がなくなってきているので,Swiftの中身やCore MLなどのテーマで今後もコミュニティに混じっていけるといいなと思っています.

以下に発表スライド,発表で公開したコード,Swift Playgroundの購読URL,Twitter上での反応を示します.

発表したカメラ画像で遊べるPlaygroundbook

このリンクをiPadで開くと,Swift Playgroundsに上のPlaygroundbookを自動的にロードすることができます.

Appleのテンプレートを改善したカスタムテンプレート

Twitterの反応

それでは,またどこかのコミュニティで会いましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加